ここから本文です

ACL、元Jリーガーのカイオとドウグラス所属のアル・アインが決勝進出へ

フットボールチャンネル 10/19(水) 17:19配信

【アル・ジャイシュ 2-2 アル・アイン ACL 準決勝2ndレグ】

 現地時間18日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の2ndレグが行われ、かつて鹿島アントラーズで活躍したMFカイオと徳島ヴォルティスやサンフレッチェ広島で活躍したFWドウグラスが所属するUAEのアル・アインとアル・ジャイシュが引き分けた。その結果、2試合合計で5-3としたアル・アインが11年ぶりに決勝進出を決めている。

 ACL準決勝の1stレグでカイオやドウグラスが決めたゴールにより3-1で勝利していたアル・アインは、ドーハでカタール1部のアル・ジャイシュと対戦。前半をスコアレスで折り返すと、まずは57分にカイオのアシストからUAE代表として日本戦にも出場したMFオマル・アブドゥルラフマンが先制点を決める。

 すると、67分と81分にアル・ジャイシュに立て続けにゴールを決められて一時は逆転されたが、迎えた後半アディショナルタイムにO・アブドゥルラフマンの兄であるMFムハンマド・アブドゥルラフマンが同点弾を決め、2-2で引き分けた。

 この結果、2試合合計で5-3としたアル・アインが決勝に駒を進め、現地時間19日に対戦するFCソウルと全北現代の勝者と11月19日と26日に行われる決勝戦で対戦することになっている。

 ACLの優勝チームは12月に日本で行われるクラブワールドカップにアジア代表として来日することになっており、初戦でメキシコのクラブ・アメリカと対戦し、勝ち上がると欧州代表のレアル・マドリーとの準決勝を行う。

【得点者】
57分 0-1 O・アブドゥルラフマン(アル・アイン)
67分 1-1 ロマリーニョ(アル・ジャイシュ)
81分 2-1 ロマリーニョ(アル・ジャイシュ)
90分+5分 2-2 M・アブドゥルラフマン(アル・アイン)

フットボールチャンネル

最終更新:10/19(水) 20:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。