ここから本文です

清純派に擬態した“隠れビッチ”。男にチヤホヤされることが生きがいだった女が、本当に求めていたのは――

ダ・ヴィンチニュース 10/19(水) 11:00配信

 隠れビッチとは清純派に擬態したビッチのこと。知らない人のためにビッチの説明もしておくと、主に性的に奔放な女性を貶める時に使う言葉のことだ。その「隠れバージョン」は、一見、清純そうに見えるが、実際は好きでもない男性に気があるように見せかけ、相手から好意を得られるように男性をたぶらかす魔性の存在だ。相手から告白される「気持ちよさ」や、チヤホヤされることが目的で、それ以上の関係を望んでいない。そんな女が主人公の、コミックエッセイがある。

『“隠れビッチ”やってました。』(あらいぴろよ/光文社)は、男にチヤホヤされたいがために自分の本性を隠し、相手の好みの女性を演じて、様々な男性の恋心を弄んだ女性が、「本当に自分が求めているもの」を見つけ、自身と向き合うまでの10年間を描いた実話である。

 最初、「ビッチの実話なんて読みたいか?」と思いつつも手に取った本作。表紙や帯から、「最終的には反省するんだろうけど……」とは分かったが、散々相手の心を弄んでおいて、改心も何もないのでは? とあまり期待せずに読んだ。

 だが、想像以上にギャグ要素が面白く、想像以上にビッチの闇が深く、ビッチを辞めるまでの過程がしんどく、予想外に「共感する」ことができた。個人的に今年で一番、読み応えのあるコミックエッセイだった。

 序盤は、隠れビッチとして「今日の(男)で、告られた人数は50人」と友達に自慢している主人公の「男を落とすテクニック」について書かれている(ちなみに、著者の容姿は10人並みだそう)。また、肉食系、草食系、ノーマル系、インテリ系など、男子のジャンルごとに、効果的に好きになってもらえるビッチ技術を大公開。様々な男性についての考察は、『臨死!! 江古田ちゃん』(瀧波ユカリ/講談社)を思わせる面白さがあった。

 中盤からラストまでは、隠れビッチである自分に対する嫌悪感や、罪悪感について、そして愛する人ができ、隠れビッチを辞め、自分が本当に向き合わなければならないこと、本当に欲しかったものを手に入れるまでの、果てしない葛藤と苦悩が描かれている。

 そもそも、著者が隠れビッチになったのは、幼少期の家庭環境が大きく関係している。著者の父親は酒乱DV男だった。母親は腕力でも、経済的にも、夫の支配下に置かれ、「子どもたちのために」つまり、自分のために夫とは別れずに、「いけにえ」になってくれていた。

 著者は誰かに愛されたくて、でも愛してもらえなくて、自分でさえも自分のことを好きになることができず、心の隙間を男性にチヤホヤされることで埋めていた。自分に自信がないからこそ、多くの相手に求められることで、満たされた気持ちになっていた。男に、逃げていたのだ。

 そのことに気づいてから、「ちゃんと生きること」を決意した著者だったが、幼い頃からの深い闇は簡単に消えたりはしない。

「清純派」の擬態をしていない自分を好きだと言ってくれる相手にも出会い、お付き合いを始めたが、「愛する人に愛されること」「受け入れてもらうこと」が幸せで気持ちよいことに気づき、間違った愛情を押し付ける。「どんな自分でも受け入れて!」と理不尽なワガママを尽くした結果、相手から「距離を置きたい」と言われてしまう。

 著者は「コンプレックスの塊」で、自分に自信を持てないから、独占欲や支配欲が生まれてしまうんだと考え、「私のダメな部分も知ってて選んでくれた、この人にとって誇れる人間になりたい」と、「よい人間になれるよう誓った」。

 そして、その相手とは別れることなく関係が続き、結婚して子どもができる。

 しかしそんな矢先、諸悪の根源であったDV父親がガンになり、なおかつ愛人がいたことが分かり、著者の心はさらに乱れる。ラストの章「流血サドンデス デスマッチ」は、今までのコメディ要素がほとんど無くなり、著者の「許すことのできない」「抜け出せない苦しみ」が重く胸に圧し掛かるように綴られていた。

 そして最終的に著者が気づいた「大切なこと」は、ビッチとは縁遠い人でも、きっと共感のできることだと思う。

「ビッチの実話なんて読みたいか?」と毛嫌いしなくて良かった。出会えて良かったと思える、コミックエッセイだった。

文=雨野裾

最終更新:10/19(水) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。