ここから本文です

中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

Forbes JAPAN 10/19(水) 17:30配信

急に金持ちになり、周囲の環境が変わってしまった中国人女性たちは、エチケットや公共の場所でのふるまい方などのマナーの習得に関心を高めている。



中国で最初のフィニッシングスクール(文化や教養を身につける学校)であるInstitute Sarita(瑞雅礼儀)は、香港人のサラ・ジェーン・ホーが、レベッカ・リーと共に2013年に北京に設立した。

欧米と中国の2つの文化に対応したマナー講座を売りとする同スクールは絶大な人気を博し、2015年5月には上海に分校をオープンした。10~12日のコースの費用は1万5,000ドル(約156万円)。レベル別に2つのクラスを設け、社交的な付き合いのアドバイス、ホテルでのマナー、ランジェリーの選び方、フランス料理やハイソなスポーツの紹介、さらには高級ブランドの発音の仕方などを学習する。

北京と上海のスクールには中国全土から参加者がやって来る。ホーは「彼女たちは想像もできないほど金持ちだ。我々は彼女たちが海外での旅行や留学、ビジネス、子育てにおいて身に着けておくべき知識を提供している」と語った。

このような富裕層向けのサービスの需要は、まだ大きくはないが、マナーを学びたい女性はウルトラリッチ層ばかりではない。ホーが先月出版した女性向けのマナー本は、一週間足らずで2万冊売れ、オンラインでは即完売した。ホーのビジネスパートナーのリーが書いた年配女性向けのマナー本も、好調な売れ行きを見せている。

周囲の人たちと差をつけたい中国人女性をターゲットにしたホーの書籍は、スイスのカリキュラムのエッセンスを、中国女性向けにアレンジした。第一章では西洋社会のルールに加え、ペットの教育の仕方もレクチャーした。第二章以降は、飲食、美容等、特定の場面でのマナーをカバー。最終章は恋愛をテーマにし、中国で広がっているドメスティック・バイオレンスの話題にも触れた。

中国の富裕層向けにマナーのクラスを提供しているスクールは他にもある。ロンドンのラグジュアリーライフスタイルスクール、Debrettsは海外でのマナー講座を開講し、Virginia Mannersは上海で女性向けの国際社会とビジネスマナーを教えている。また、Académie de Bernadacは子を持つ親たちのためのクラスを展開している。

Marianna Cerini

最終更新:10/19(水) 17:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。