ここから本文です

岡崎ついにCLデビュー! わずか5分間の出場も守備に奔走し、チームの完封勝利に貢献

SOCCER DIGEST Web 10/19(水) 6:08配信

レスターもグループ3連勝で首位をがっちりキープ!

 10月18日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ(CL)グループステージ第3節が開催され、岡崎慎司の所属するレスターはホームでコペンハーゲンと対戦した。
 
 レスターはコペンハーゲンの洗練された組織の前に手を焼いたが、自分たちが自信を持つロングボールからのカウンターを中心に攻めに転じると、40分にヴァーディーのクロスボールをイスラム・スリマニが頭で折り返すとペナルティーエリア内中央で待っていたマハレズが詰めて先制に成功する。
 
 後半もカウンターを中心に試合を優位に進めたレスターは、コペンハーゲンに付け入る隙を与えず、結局1-0で勝利。3連勝を飾ってグループ首位を堅持し、突破に向けてまた一歩前進した。
 
 注目の岡崎は85分にエースのジェイミー・ヴァーディーに代わって投入され、自身のキャリアで初めてCLのピッチに立った。
 
 1点をリードした状況下で2トップの一角に入った岡崎は主に最前線からプレッシャーをかける守備的な役割に従事する。
 
 投入直後から相手ボールホルダーに猛烈なダッシュで寄せにいったプレーに代表されるように、日本代表FWは最終ラインを上げて押し込みにかかるコペンハーゲンのビルドアップを阻害した。
 
 出場時間はわずか5分。さらに守備のタスクが大きいなかでのプレーはストライカーとしての働きを嘱望する岡崎にとって本意ではないだろう。
 
 しかし、指揮官のクラウディオ・ラニエリが求めたファーストディフェンダーとしての仕事を懸命にこなす姿勢は、かならず次に繋がるはずだ。
 
 チームがグループ首位を走り、決勝トーナメント進出に前進するなかで、日本人プレーヤー13人目となるCL出場を果たし、キャリアにまた一つ印をつけた岡崎。今後もその動向からは目が離せない。
 
 

最終更新:10/19(水) 6:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。