ここから本文です

【U-19代表】GL突破かかる第3戦を「難しくはない」と岩崎。カタールは「メキシコっぽいイメージ」

SOCCER DIGEST Web 10/19(水) 16:30配信

「良い状態と言ったらおかしいですけど、(無失点は)少しは自信になった」

 U-19日本代表は現地時間18日、イラン戦でのサブ組を中心にトレーニングを行なった。この日の練習には、先発メンバーを除いた12名が参加。約1時間半に渡って、ハーフコートでのパス回しやシュート練習などをこなした。
 

【PHOTO U-19アジア選手権 日本0-0イラン】ゴール前で決め手を欠き引き分けに終わる


 イラン戦の68分から出場した岩崎悠人(京都橘高)は、「ちょっと疲れた」と言いつつも時折笑顔ものぞかせながら精力的に練習メニューを消化。イラン戦では持ち前の突破力で前線をかき回したが、守備陣を崩しきれなかったことについて「僕たちの課題がそのまま出たんじゃないかと思う」と振り返った。
 
 一方で、ピンチがありながらも無失点に抑えた点については、「良い状態と言ったらおかしいですけど、少しは自信になった」とコメント。得点を奪えず勝点1にとどまったが、前向きな姿勢を貫いた。
 
 次戦はグループ突破が懸かる重要な一戦。対戦相手のカタールについては、「推進力もあるし、下の技術もある。僕のイメージだとメキシコっぽい」と語り、「前線からプレスをかけて高い位置でボールを奪えればチャンスはあるので、そこを仕留め切れれば難しくはないかとは思います」とイメージを膨らませていた。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:10/19(水) 16:30

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。