ここから本文です

岡崎、CLデビューについて「いきなりズッコケて空回ったけど、次に繋がる5分」と振り返る!

SOCCER DIGEST Web 10/19(水) 15:40配信

「試合を楽しみすぎて…」と興奮気味に初のCLを語った岡崎。

 現地時間10月18日、チャンピオンズ・リーグ(CL)グループステージ第3節で、レスターはコペンハーゲンとホームで対戦し、40分にリャド・マハレズが挙げた虎の子の1点を守り抜き1-0で勝利。CL3連勝を飾ってグループ首位の座を堅持した。
 
 日本代表の岡崎慎司は、85分にジェイミー・ヴァーディーに代わってピッチへ送り出され、キャリアで初めての欧州最高峰の舞台に立った。
 
 念願のCLデビューを果たした岡崎は、投入直後の86分、左SBクリスティアン・フクスから楔のパスを受けた際にバランスを崩して転倒。しかし、それ以降は精力的なフリーランニングと執拗なプレッシングを続けて、チームの完封をサポートした。
 
 そんな岡崎は試合後に自身のツイッターを更新。「【CL念願の初出場】」と題し、欧州最高峰の舞台に足を踏み入れた喜びを綴るとともに、転倒シーンについても振り返った。
 
「試合を楽しみにし過ぎて…いきなりズッコケて空回ったけど、ここからがスタートだと思っています。悔しいけど僅か5分。それでも、次に繋がる5分だと思って頑張ります。応援ありがとうございます!」
 
 今シーズンは、夏に加わった新戦力イスラム・スリマニが公式戦7試合で3ゴールと結果を残したことで、出場機会が限られている岡崎。そんな苦境の中で掴んだ5分間のCLデビュー戦を、本人は前向きに捉えているようだ。
 
 アウェーで戦う、次節のコペンハーゲン戦ではスタメン入りできるのか? 岡崎の起用法に注目だ。
 

最終更新:10/19(水) 15:40

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。