ここから本文です

スウェーデンのミュージシャン、Kristian Anttila が初来日でアコースティック・ライヴ

ローリングストーン日本版 10/19(水) 11:00配信

スウェーデンのミュージシャン、Kristian Anttilaが初来日し、東京・ラフォーレ原宿のNudie jeansでアコースティック・ライヴを行った。

【動画はこちら】スウェーデンのミュージシャン、Kristian Anttila が初来日でアコースティック・ライヴ

スウェーデン出身のミュージシャンKristian Anttilaは、スウェーデン発のジーンズ・ブランドNudie Jeansと縁深く、大々的に告知することもなく、半ばゲリラ的にインストア・ライヴを行った。

Kristianはセットリスト通りにライヴをこなす主義ではないらしく、足元に置かれた手書きのメモを見ながら、その都度フィーリングで曲をピックアップして演奏した。おそらくKristianを知らないであろう若い買い物客らは、聞き慣れないスウェーデン語のメロディに足を止め、北欧生まれのアコースティック・サウンドに耳を傾けていた。

Kristianは、観客からのリクエストなどに応えながら全11曲を披露すると、最後の曲『Västra Frölunda』のフレーズの一部を「言い忘れたけど、今日はアルバム持ってきてるんだ。店が閉まる前にチェックしてね」と替え歌にし、茶目っ気たっぷりに笑った。

ー生ライヴはいかがでしたか?

楽しかったよ! 正直なところ、何が起きるか見当もつかなかったんだけど、観客も楽しんでくれたみたいだし、僕も楽しかった。きっとスウェーデン語の歌詞だから意味はわからなかったと思うけど、音楽は全世界共通のものだから、リズムやメロディで観客とつながれた気がするよ。日本の観客に向けてパフォーマンスするのはとても興味深い体験だった。

—初来日とのことですが、日本はいかがですか?

東京にきてまだ三日目だけど、スウェーデンとは全然違うね。エネルギー満々でほとんど寝ていないよ(笑)。いろいろな街を散策しながら、いろいろな人に会って、音楽、ナイトライフ、カルチャーを探検してる。日本を好きになったよ。絶対また戻ってきたいね。

ー日本食は試しましたか? ライヴ中にお酒のお話をしていましたが。

焼酎を飲んだよ! 食べ物も飲み物も、トライできるものは何でもトライしたいんだ。

—ライヴにも友人がいらっしゃったみたいですが、友人と来られたのですか?

友達ひとりと来たんだけど、ここでたくさん友達ができたんだよ(笑)。スウェーデンの人や、5~10年くらい僕の音楽を聞いてくれてる熱狂的な日本のファンのも数人来てくれたんだ。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 11:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ