ここから本文です

暗雲漂うW杯最終予選、日本代表が苦戦する根本原因とは? されど悲観するには早すぎる

現代ビジネス 10/19(水) 17:01配信

勝点を「20」まで伸ばせば…

 ワールドカップ・ロシア大会のアジア最終予選を戦う日本代表が、メディアから厳しい指摘を受けています。

 最終予選は6ヵ国によるホーム&アウェイの総当たりリーグ戦で争われ、上位2ヵ国がW杯の出場権を獲得します。ここまで4試合を終えて、日本は2勝1分1敗、勝点7の3位です。

 勝点10で首位を走るサウジアラビア、同8で2位のオーストラリアの後塵を拝していることもさることながら、アラブ首長国連邦(UAE)とのホームゲームに敗れたことが、周囲の不安をかきたてているのでしょう。

 私は日本サッカー協会の技術副委員長として、日本代表をサポートしていく立場にあります。だからというわけではありませんが、4試合で勝点7は客観的な評価として悪くないと思います。

 最終予選で2位以内を確保するには、全10試合で勝点18以上を獲得するのが目安になります。勝点を「20」まで伸ばせば、予選突破はほぼ間違いない。

 11月に控えるサウジアラビアとのホームゲームに勝利すれば、勝点は「10」となります。5試合で「10」なら、10試合で「20」を目ざせるペースです。悪くないと考えるのはそのためです。

 ただ、このままの状態で、首位のサウジアラビアにホームだからと言って勝てるのか? そんな疑問を抱く方も多いでしょう。

次戦は状況が違う

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表が、本来持っている力を発揮できていない理由は、フィジカルコンディションが整っていないことが大きいです。

 キャプテンの長谷部誠をはじめとして、本田圭佑、岡崎慎司、長友佑都、香川真司らの主力選手は、ヨーロッパでプレーしています。最終予選のために彼らが帰国するのは、試合の2、3日前がほとんどです。

 長距離移動と時差に悩まされる日本でのゲームは、彼らにとって“ホーム”からかけ離れている。フィジカルコンディションについては、“アウェイ”に等しいと言ってもいいでしょう。

 1対2で敗れた9月のUAE戦も、後半終了間際の得点で何とか勝利した10月のイラク戦も、日本はこのような状況で戦っていました。

 さらに加えて、所属クラブでポジションをつかめていない選手が少なくない。選手によってコンディションがバラバラなのです。

 しかし、チームとしての成熟したコンビネーションは、長谷部、本田、香川らによって作り上げられてきた。コンディションは良くないかもしれないが、大幅にメンバーを入れ替えるとコンビネーションが生かせない。そうしたジレンマに、ハリルホジッチ監督は直面していたと考えられます。

 11月のサウジアラビア戦は、状況が違います。11日にオマーンとテストマッチを消化したうえで、15日のサウジアラビア戦に挑むことができます。オマーン戦でコンディションを整え、コンビネーションを確認することができるだけに、これまでとは違った戦いが期待できるはずです。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 17:01

現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。