ここから本文です

終わらない“ポケGO”ブームでホリエモン×ひろゆきが提案するルール「ひとり2千円とか料金を取ればいい」

週プレNEWS 10/19(水) 6:00配信

プレイヤーのマナー違反でゲーム禁止になるスポットが出るなど、いまだ世間を騒がせている『ポケモンGO』。

だが、『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」の中で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏は、こういった騒動を収めるのは意外と難しくないという。その方法とは?

* * *

ホリ 相変わらず『ポケモンGO』が話題を振りまいてるね。なんでも東京・上野の不忍池ではプレイヤーのマナーがヒドくて、敷地内でのスマホゲームが禁止になったらしい。

ひろ 同じ頃にお台場でも警察が出動する騒動があったらしいですね。レアポケモンの「ラプラス」が出現して、どうしても捕まえたいというプレイヤーが車道に出たとかニュースになったみたいです。

ホリ 俺、この前、ポケモン狩りツアーをしたけど、レアポケモンを捕まえるのは大変だから。

ひろ そういえば、堀江さんは品薄でなかなか手に入らない「ポケモンGO Plus」を手に入れたんですよね。

ホリ うん。スマホ上でポケモンGOを開いてなくても、卵のふ化のために必要な移動距離が効率的に稼げるから便利。レベルも28になったよ。

ひろ すごいですね。

ホリ 「P-GOサーチ」っていうポケモンの出現を教えてくれるアプリがあって、たぶん、そういうサービスが今回のお台場の騒動とかの原因になってるんじゃないかな。そのアプリはレアポケモンが出ると、スマホにプッシュ通知で知らせてくれるから。

ひろ そういうサービスがあるっていうのが、いかにも位置情報ゲームですよね。

ホリ まあ、そういうサービスがないとレアポケモンはなかなか見つからないし、それがプレイヤーの離脱防止に役立ってるわけだからね。


ひろ 日本ではリリースから2ヵ月がたちますけど、「話題だからやってみた」という層は、もう飽きちゃってるみたいですね。残ってるのは、ポケモン全種類コンプリートを目指すガチ勢とかですね。

ホリ だろうね。

ひろ んで、最初の頃はプレイヤーがいろんな場所に散らばってポケモンを捕まえていたので混雑が分散されていたんですけど、今はレアポケモンを中心に捕まえるので特定の場所に集中しちゃうんですよね。

ホリ だからレアポケモンが出現すると、普段はほとんど人のいない場所でも、急に大勢のプレイヤーが押しかける。

ひろ まあ、花火や花見なんかで見物客が大勢押し寄せるのと一緒ですよね。で、今はネットで情報がすぐに共有されるから、さらに集まりやすい。んで、ガチ勢は、どんなにマイナーな場所であっても行くときは行きますから。

ホリ あと気になるのが、ニュースとかで「こういった騒動を起こすなんて、けしからん!」みたいな意見があること。

ひろ 僕、ポケモンGOの場合、こうした騒動を収める方法って意外と難しくないと思うんですよ。っていうのは、特定の場所だけにレアポケモンが出ない仕組みにすればいいわけですよ。とはいえ、運営元の「ナイアンティック」という会社が、日本のためだけにそういう措置を取る可能性は低い。あと、任天堂にも苦情が結構来ているらしくて、それは少しかわいそうかなと。

ホリ 任天堂はポケモンGOに直接は関わってないからね。それはお門違い。

ひろ んで、僕思うんですけど、今回の騒動って、そもそも大したことじゃないことを大騒ぎしてるだけって部分があると思うんです。

ホリ どういうこと?

ひろ 例えば、パリの公園って夜になるとほぼ閉鎖してるんですよ。深夜に公園に入られたくないから柵を閉めちゃうんです。そうするとみんな入らない。一般に開放している場所にポケモンGOのプレイヤーが大勢集まっても、別に法に触れてないならほっとくしかないわけですよね。でも、閉鎖されてる場所に入ったら、それはユーザーが悪いので警察に通報するなり逮捕すればいいんですよね。

ホリ ちゃんとルールを作れってことね。


ひろ お台場の騒動だって、交通ルールを破ったことが問題視されてますけど、もし逮捕者が出たらみんなルールを守るようになると思うんです。不忍池の騒動だって対策はいろいろあって、例えばポケモンGOをする場合は、ひとり2千円とか料金を取ればいい。「やりたければお金を払ってください」というルールを決めれば、払う人はいると思います。

ホリ まあ、ガチ勢は払うだろうね。で、そのお金を活用して警備や整備もできる。

ひろ そうなんですよね。たくさんの人がお金を払えば、警備員や清掃員を雇えますから。超大ざっぱな計算ですけど、ひとり2千円で、仮に50人来たら1日で10万円の売り上げになるので、スタッフを余裕で雇えます。事前に料金をもらうのが厳しいのなら、「ゴミをポイ捨てしたら2千円の罰金」みたいなルールを作ってもいいですし。

ホリ 私有地ならそういうルール作りも余裕でできるよね。「けしからん!」って言ってるだけよりだいぶ効果あると思う。

ひろ ちなみに、代々木公園とかは有料で自転車のレンタルをやっているんですけど、それと同じよな考え方です。私有地じゃない公園や池とかの管轄が役所だった場合も、わざわざ法律や条例を制定しなくても管理事務所がルールを決めるだけでいいと思います。

ホリ なるほどね。ポケモンGOのような位置情報ゲームやARゲームはまだまだ黎明期だから、今後もいろんなアプリやゲームが出てきて、同じような騒動が続くと思う。

ひろ 「近所の公園で若者が夜遅くまで騒いでうるさい!」みたいな話って、日本中で、しかもだいぶ昔からある話ですよね。結局、解決しようと思えばそんなに難しいことではないと思うんです。

ホリ だから今回の件は、ちゃんとルールを作って解決しようとしていないことのほうがヘンってことだね。

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『本音で生きる』(SB新書)が好評発売中

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『ソーシャルメディア絶対安全マニュアル』(インプレスジャパン)

(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

最終更新:10/19(水) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。