ここから本文です

小島慶子のそこじゃない! 長谷川豊氏が全番組を降板…「差別の垂れ流しを毒舌というのではありません」

週プレNEWS 10/19(水) 10:00配信

9月19日に「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ! 今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」と題したブログを投稿し炎上した長谷川豊アナ。結果、出演中の全番組を降板する憂き目に…。

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む!

* * *

今回のブログをはじめ、報道されている長谷川豊氏の発言を見て絶句。2013年7月20日の『東スポWeb』の記事には「僕の毒舌芸はお約束ですから」とあるのですが、女性アナウンサーたちに対する番組内でのセクハラ発言や差別発言を「毒舌」「芸」さらには「お約束」とはあきれます(この記事自体もセクハラ目線ですが)。

テレビで安易に使われるし、ネットトロールの自己紹介欄でもよく見る「毒舌」。皆さん、ちゃんと辞書を引きましょう。いやがらせや罵詈雑言(ばりぞうごん)や事実誤認や差別の垂れ流しを毒舌というのではありません。単に口が悪いことでもありません。言いにくいことをはっきり言うことでもないし、ただ自己主張をすることでもないし、へたないやみでもないし、憎まれ口で笑いをとることでもありません。

辞書にある「辛辣(しんらつ)な皮肉や批判」という言葉の意味がわからない人たちが「毒」のイメージだけでテキトーに使っているうちに「ドクゼツ=舌鋒鋭い剛の者」と誤解され、さらにその「舌鋒鋭い」も誤解されて「差別とか気にしないのがカッコいい」という、お粗末な開き直りを生んでいる現状にうんざりです。

●小島慶子(Kojima Keiko)
タレント、エッセイスト。長谷川氏の番組には数度出演したが、スタジオで言葉を交わした限りでは人となりはわからなかった。今回、ブログや過去の発言を読んで、心理的距離がマックス遠ざかった次第

最終更新:10/19(水) 10:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。