ここから本文です

白砂が敷き詰められたフロアで読書? 「星野リゾート」のカフェで過ごす秋

CREA WEB 10/19(水) 12:01配信

白砂の敷き詰められたカフェが熱海に登場

 CREA11月号の特集は「喫茶店とカフェがそこにある幸せ」。喫茶店の定番メニューや名曲喫茶、みんなの行きつけなど、コーヒーと過ごす幸せな時間を紹介している。星野リゾートにも、特徴的なカフェやラウンジがいっぱい。この秋楽しめるとっておきのカフェを紹介していこう。

 熱海の海と街のパノラマが眼下に広がる「星野リゾート リゾナーレ熱海」。温泉とおいしい海の幸に癒やされるこのリゾートの最上階に、2016年9月、「ソラノビーチ Books & Cafe」がグランドオープンした。

 白砂が敷き詰められたフロアにビーチチェアやカバナが設置された空間は、まるで空に浮かぶビーチのよう。この空間をデザインしたのは、国際的に活躍する建築家ユニット「クライン ダイサム アーキテクツ」。スタイリッシュでありながらリラックスできるスペースは、リゾートホテルならでは。

 フロアの中心に設置されたブックシェルフには、海をテーマにした写真集や、旅のヒントになるような本を中心に、約600種の本が並ぶ。海風を感じながら読書が楽しめ、書籍を購入することも可能。ビーチにいるかのような雰囲気で、くつろぎながら読書できるのはうれしい。

 またカフェにはご当地らしいドリンクやお菓子を用意。シトラスとキウイのスムージーや海をイメージしたオリジナルコーヒー、静岡茶を使用した煎茶ラテなどのドリンクのほか、熱海市内にある洋菓子店「KASHI KICHI」とのコラボレーションによる焼き菓子も。

 そして21時以降は、大人のためのバータイム。より落ち着いた雰囲気で、熱海の夜景とともにドリンクを楽しめる。

星野リゾート リゾナーレ熱海
所在地 静岡県熱海市水口町2-13-1
電話番号 0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
http://risonare-atami.com/

秋の奥入瀬でりんごスイーツに舌鼓

 奥入瀬渓流のほとりに佇み、八甲田から湧き出る豊富な温泉が魅力の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。

 その名物のひとつが岡本太郎による巨大暖炉があるラウンジ「森の神話」だ。大きな窓と開放的な空間でさまざまなりんごのスイーツが楽しめるこのラウンジに、この秋、新登場のメニューが。

 それが“りんごのフォンダンショコラ”。りんごの形をしたチョコレート生地の中からは、熱々のホワイトチョコレートがあふれ出す。このホワイトチョコレートにはりんごの果肉が入っており、チョコレートの甘さとりんごの酸味の絶妙なハーモニーが味わえる。

 秋限定のメニュー“りんごのフルーツグラタン”も絶品。こちらはまろやかなアーモンドクリームの上にりんごをたっぷり並べて、じっくりと焼き上げたホットスイーツ。温かいグラタンに添えられたアイスクリームを絡めながらいただくのは至福のとき。

 ほかにも「森の神話」にはりんごをふんだんに使ったスイーツが。人気No.1の“幸福林檎のミルフィーユ”は、薄切りのりんごとパイを重ねて作り上げる、サクサクの食感が楽しいミルフィーユ。1日限定10食の、りんごのお酒カルヴァドスを使った“りんごのクリスタル”も試してみて。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
所在地 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
電話番号 0570-073-022
http://www.oirase-keiryuu.jp/

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。