ここから本文です

ハナコラボvol2. パリからきた魔法のスイーツ。

magazineworld 10/19(水) 19:25配信

vol 2. パリからきた魔法のスイーツ。
ハナコラボとは
ハナコラボのメンバーは、いま東京で起きている「たのしいこと」に敏感です。個性あふれる女子たちが、今日も何かを見つけたようです。
来日していたジルさんと一緒に記念撮影。
“世界”のパティシエが
秋の味覚に魔法をかけます。
今回は、西新宿のハイアット リージェンシー 東京にて「スイーツの魔術師 ジル・マルシャル フェア」を取材。スイーツ激戦区のパリでいま最も注目されるパティシエのジルさんは「世界の優れたパティシエ10人」にも選出されている。
スイーツセットは2皿がコース仕立てに。「モンブラン」は、カシスのシャーベットや底に忍ばせたメレンゲ、ピーカンナッツなどを、スプーンでザクザクと混ぜながらパフェのように食べるのが新感覚! 「サブレ ショコラ エキゾチック」は、スパイスにトンカ豆を効かせたショコラクリームをサブレでサンドし、上に南国フルーツのソルベをオン。食べる直前に濃厚なホットショコラを注ぐ。「どちらも時間が経つと崩れてしまうので、もったいぶらずに思いっきり口に頬張って」とジルさん。コースの最後には本国でしか味わえないジルさんの焼き菓子も。
提供期間は12月18日まで。フランス仕様のプレートはどちらもボリューミーなので、ランチは抜いてお腹ペコペコの状態で挑むべし。
右・ハナコラボ #013
岡田真麻さん/学生
左・
斉藤アリスさん/ライター体験したのは、モンブランを語らせたら右に出る者はいないスイーツ女子の岡田真麻さんと、一日一チョコが日課の斉藤アリスさん。
上から 1品目「モンブラン」とフルーティな香りの紅茶「ピッコロ」。ドリンクは17種類からおかわり自由。/2品目の「サブレ ショコラ エキゾチック」。/2種のプティフールと、2品目にかけるホットショコラ。
photo: Alice Saito, Kahoko Nishimura text: Alice Saito edit: Kahoko Nishimura

最終更新:10/19(水) 19:25

magazineworld

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。