ここから本文です

賞金総額10億円! 世界はコンピューターゲーム“eスポーツ”で盛り上がる ――プロゲーマーという職業(前編)

nikkei BPnet 10/19(水) 10:02配信

世界では対戦型のコンピューター・ゲームを“eスポーツ”と呼び大いに盛り上がっている。多数のアスリートやプロチームが存在し、将来はオリンピック競技になる可能性まであると言われている。ところがゲーム大国のはずの日本は、eスポーツ後進国。ようやくeスポーツで稼げるチームが登場し始めたところだ。はたしてゲームをプレーすることでどのくらい稼げるものなのか? eスポーツに挑戦する日本のプロチームに迫る!

 熱狂渦巻く大会場を埋めつくした観衆たち。その声援が一際大きくなると、いよいよ優勝を決める決勝戦が開始される。舞台正面の巨大スクリーンに映し出されているのは、なんとコンピューター・ゲーム。近年、世界的な盛り上がりをみせる“eスポーツ(Electronic sports)”の大会には、優勝者に億単位の賞金が払われるイベントもあって、世界的人気を誇るプロチームやプロゲーマーが多数存在している。

 中でも、今盛り上がっているeスポーツが、世界で最もプレイヤー人口が多いとされる『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)』通称“LoL”だ。2016年、日本でも日本語版の運営が始まり、公式リーグ戦も行われるようになった。

 そうしたeスポーツで活躍するプロチームのひとつに、DetonatioN Gaming(デトネーションゲーミング)がある。そのLoL部門チーム DetonatioN FocusMeは、2015年からフルタイムの給与制を採用。選手は6LDKのマンション、その名も「ゲーミングハウス」で共同生活を送り、日々、ゲームの腕を磨いている。

 プロのゲーマーといえば“魂の16連射!!”の高橋名人くらいしか思い浮かばない世代にとって、はたしてゲームで本当に生活できるのか、どんなトレーニングを行っているのか想像できない。そこで、彼らが所属する株式会社Sun-Gence(サン・ジェンス)代表取締役社長の梅崎伸幸氏に、eスポーツの展望や選手生活について聞いた。

1/3ページ

最終更新:10/19(水) 10:02

nikkei BPnet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

nikkei BPnet

日経BP社

日経BP社が運営するプロフェッショナルのためのビジネスキュレーションサイト。仕事に役立つ先端情報に最速でアクセス。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。