ここから本文です

ジュースを温めて泡立てる? スタバ驚きの紅茶戦略

日経トレンディネット 10/19(水) 12:05配信

 スタバの新展開は“手がかかる紅茶”――。スターバックス コーヒー ジャパンは2016年10月3日から、紅茶の新ブランド「TEAVANA」(ティバーナ)の展開を開始した。

【関連画像】2016年秋から日本を含むアジア地域の6200以上の店舗でもティバーナを取り扱いがスタート

 ティバーナはもともと北米を中心に展開していた紅茶専門店。2012年に米スターバックスが買収し、2013年に同社の紅茶ブランドとして展開を始めた。米国ではすでに約1万1000店舗でティバーナを使った商品が販売されている。

 米国のティバーナブランドは茶葉にフルーツや花、ハーブやスパイスなどをブレンドした商品や、茶葉にさまざまな素材を組み合わせたり、抽出法を変えたりして作った飲料を展開。2016年秋から日本を含むアジア地域の6200以上の店舗でもティバーナの取り扱いがスタートした。

 日本限定の商品として発売したのが「ゆず シトラス & ティー」(以下、ゆずシトラスティー)だ。ピンクグレープフルーツなどのかんきつ類を用いたブレンドジュースと、ゆずを中心とした果肉、茶葉を組み合わせて提供する商品で、その抽出方法がユニーク。本来は沸騰した湯で紅茶を入れるところ、ゆずシトラスティーはなんとスチーム、つまり沸かしたジュースで紅茶を抽出するというのだ。

ホットとアイスでは味もいれ方も違った!

 まず驚いたのが、ゆずシトラスティーのホットのいれ方。ミルクを温めて泡立てるのに使うスチーマーでジュースをスチームするところから始まるのだ。空気を入れながら撹拌(かくはん)して温めたジュースを、ティーバッグと果肉ソースが入ったカップに注ぎ、混ぜ合わせて完成させる。紅茶を湯以外で抽出する飲み物といえば牛乳を使ったロイヤルミルクティーがあるが、ジュースで抽出した紅茶は画期的だといえるだろう。

 ゆず茶のような味をイメージして試飲したが、紅茶を使用しているだけあって、渋みや苦味がしっかり感じられた。

 一方、アイスはカップの中に果肉ソースを入れて冷えたシトラスジュースを注いだあと、ブラックのアイスティーを注いで混ぜ合わせている。飲んでみると、渋みや苦味は控えめで、ストローで果肉を吸えるのでデザート感覚で飲めそう。

 というわけで、同じゆずシトラスティーという商品名でありながら、茶葉も抽出方法も異なるホットとアイスは味も香りが全く違っていた。スターバックスには夏季限定やクリスマス商品など期間限定の商品も多いが、ゆずシトラスティーは通年販売する予定。今後は新しい商品も開発していく方針だという。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 12:05

日経トレンディネット

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。