ここから本文です

マンガが700冊入る! Kindleの日本限定モデルが発売

日経トレンディネット 10/19(水) 12:05配信

 アマゾンジャパンは2016年10月18日、電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」を発表した。日本限定モデルで、ストレージ容量を従来モデルの8倍の32GBに拡張したほか、ページをめくる動作の高速化や、マンガを高速にスクロールできる機能を追加したことが特徴。18日より予約を受け付け、21日以降に出荷する。価格はアマゾンプライムの会員は1万2280円、会員でない場合は1万6280円(ともに税込み)。

【関連画像】電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」。従来のKindle Paperwhiteと外観やバッテリー駆動時間などは同じで、数グラム重い程度の違いだ

 「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」は、現在発売中の「Kindle Paperwhite Wi-Fi」のストレージ容量を約8倍の32GBに拡大したモデルだ。従来モデルではマンガを50~60冊程度しか保存できなかったが、容量を32GBにしたことで約700冊保存でき、全100巻や全200巻になるような人気マンガシリーズを全巻保存して持ち歩ける。なお、従来モデルも併売される。

 プロセッサーなどは従来モデルから変わっていないが、ソフトウェアのアップデートにより、ページをめくる動作が33%高速化され、マンガをテンポよく読めるようになった。

 同じくソフトウェアのアップデートにより、画面を長押しすると毎秒7ページの速度で飛ばし読みできる「連続ページターン」機能が追加された。マンガの単行本を読むとき、パラパラと素早くめくって読みたいシーンを探すことがある。連続ページターンはその代わりになる機能で、読みたいシーンが探しやすくなっている。ピンチ&ズームでよく見たい場所の拡大もできる。

 なお、現在発売中のKindle、第6世代モデル以降のKindle Paperwhite、Kindle Voyage、Kindle Oasisも10月下旬よりソフトウェアの自動アップデートが行われ、連続ページターンなどの機能を利用できるようになる。

 価格を比べると、アマゾンプライムサービスの会員でない場合「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」は1万6280円、「Kindle Paperwhite Wi-Fi」は1万4280円からだ。ストレージ容量が約8倍に増えて価格差は2000円と小さいので、マンガ好きでなくても、単純にKindle Paperwhiteの大容量モデルと考えても魅力は高い。

1/2ページ

最終更新:10/19(水) 12:05

日経トレンディネット

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経トレンディネットの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。