ここから本文です

お金のプロ直伝 1日10秒でできるラクラク節約貯蓄手帳

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン) 10/20(木) 5:00配信

細かい家計簿なしでも、手帳で無理なく節約&貯蓄ができます。ポイントは、書く前に計画を立てて出費の管理に手帳を生かすこと。その方法を、社会保険労務士でFPの井戸美枝さんに聞きました。

【関連画像】20年来愛用するエルメスの手帳。見開き1週間タイプを使用

●月単位の予算を意識しよう

 「毎月月収の25%を貯めるはずが、つい無駄遣いをしてしまう」。こんな人におすすめしたいのが、手帳を使ったお金の管理だ。「手帳では年・月・週の単位で書き込めるので、何に無駄遣いをしているかが浮き彫りになる」と、社会保険労務士でFPの井戸美枝さん。

 使い過ぎをやめ、賢く節約したい人にピッタリの手帳の付け方を紹介しよう。かかる時間は1日たった10秒だ。

 ポイントはまず、「1カ月間に使っていいお金の額=予算」を知ること。1カ月の予算を明らかにし、その範囲内に支出を収める努力をする。そうすれば、ダラダラとお金を使わなくなる。やり方は簡単。「手取り年収から1年分の固定費(家賃など)・貯蓄目標額・大型出費(旅行代など)を引いた、残りの額が“1年間に使っていいお金”。それを12で割ったものが『1カ月に使っていいお金』です」。

 下の例のAさんの場合なら、美容・服飾費や交際費など月によって使う額が変わる“変動費”をこの範囲でおさまるようにすればいい。そこで費目ごとに1カ月の上限額を決めて、マンスリーページに記入しておく。日々の出費はレシートを見て毎日手帳に書き込み、同時に費目ごとにその月あといくら使っていいかも記入する。1カ月を通して出費が上限額におさまるようにしよう。

●予算を見える化

1年間の予算を出す

年収から、家賃、光熱費、貯蓄など「決まって出ていくお金」を引く

手取り年収-

(<A>固定費12カ月分+<B>貯蓄12カ月分+<C>大型出費)=<D>

※<A><B><C>は決まって出ていくお金

例)Aさんの場合---手取り年収360万円 手取り月収30万円

360万円(手取り年収)-(<A>126万円+<B>90万円+<C>20万円)=

<D>144万円(年間の予算)

<A>固定費:計10万5000円(1カ月)

   (住居費:6万円、水道・光熱費:7000円、通信費:1万3000円、食費:2万5000円)

   →計126万円(12カ月)

<B>貯蓄:7万5000円(1カ月)

   →計90万円(12カ月)

<C>大型出費(旅行代、帰省費用、家電の買い替えなど):計20万円

1カ月に使っていいお金=「予算」を出す

年間の予算を12カ月で割る

<D>÷12カ月=<E>

<D>144万円÷12=<E>12万円(1カ月の予算)

1カ月の予算の使い途を決める(固定費、貯蓄以外の“変動費”)

<E>の内訳(例):美容・服飾費:3万円、外食費:2万円、交際費:4万円、自己投資費:3万円

内訳の決め方:何にいくらお金を使っているか分からない人は、1~2カ月間、出費をメモし、下のように大きな費目に分類する。そのほか、こまごました出費があれば、「その他」の枠にまとめてもOK。

費目ごとの上限額を手帳に記入する

ノートページに年間予算と、1カ月の予算を一番上に書き、その下に1カ月の予算の割り振りを書いておく。

マンスリーページに費目別の1カ月の予算を書き、使っていい金額を明らかに。

1/2ページ

最終更新:10/20(木) 5:00

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2017年1月号

価格:590円(税込)

忙しい私たちのための 片づけ&捨て方
「ズボ楽」ワザ! お金が増える 銀行口座
ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017
コスメ、書類…5秒で解決! 捨てどきガイド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。