ここから本文です

LINE返信「待てるのは当日中」多数派? 議論勃発

R25 10/20(木) 7:03配信

相模女子大学の加藤由樹准教授らのグループが、LINEの返信にどれくらい返事がないと怒りやいらだちを覚えるのかを調査した結果を「毎日新聞」が10月15日に報じた。ネットでは、その返信までの日数をめぐり、議論となっている。

記事によれば、調査は首都圏にある複数大学の学生計317人を対象に実施され、今年9月の日本教育工学会で発表されたもの。LINEへの依存度が高い層と低い層に分類後、送信先は、家族や親類、恋人や恋愛対象(恋人)、友人、年上の知人の4つに設定。正午に送ったメッセージに返信がなかった際、否定的な感情となる時刻を「午後1時まで」から「翌日の正午以降」までの10段階で聞き、中央値を求めて評価したとのこと。

その結果、LINEへの依存度が高い人は、既読・未読問わず「午後11時まで」に返信がないと許せない傾向があると判明。最も短かったのは、既読かつ恋人という条件で、「午後5時まで」だった。依存度が低い人は概ね「翌日まで」と回答したが、恋人に送ったメッセージについては、「午後11時まで」の当日中ということもわかり、いずれにしても、恋人からの返信は否定的な感情を早期に抱きやすいようだ。

Twitterでは、この結果に対し、

「こういうのすごい気にしてしまう。基本、すく返してほしい人。返事来ないと不安になる」(原文ママ)
「メールだと確かにあんまり気にならないが、LINEだと即返信が欲しくなってしまう不思議ね。やはり、レスポンスの問題なのか、既読機能の問題なのか…」
「友達なら急用でない限り2~3日へっちゃらだけど、恋人からは当日中に返してもらいたいなあ」

と自分も早い返信を求めるという声があがったが、一方で、

「LINEでもメールでも好きな時に返事させてほしいな。その日のうちが当たり前とかつらい。返事の早い遅いは重要度に比例しないような…」
「返信遅いと連続で送ってくる人やめて欲しい笑 そんな大事な用事なら電話してよ???」
「既読スルーしるつもりはないけど、間違って開いてしまった既読を未読にする方法がなく、そのまま既読スルーしてしまうこともあるよね。未読ボタンほしい…」(原文ママ)

と反論する意見も寄せられた。また、

「みんな不安を抱えて生きてるんだろうなぁ。LINEなんてのはそれを増幅させる装置でしかないだろうし、やめてしまえばいいのに」
「便利になった分、『繋がっていたい。繋がってないと不安』な人が増えてるよね」
「SNSが原因でトラブルが起きる平成。SNSのない昭和は、ある意味平和で穏やかだった。
ゆとりをもって行動したい」

とSNSが持つ“負”の部分を指摘する声もあった。

返信を待つ側とメッセージを返信する側の主張は、平行線になりがち。既読や未読にとらわれず、互いに相手を思いやる余裕と配慮をもちたいものだが…。

(山中一生)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/20(木) 7:03

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。