ここから本文です

お金の専門家2人が提言「今こそ家計の見直しを!」

東京ウォーカー 10/20(木) 6:00配信

いよいよ2016年も残すところ2カ月。なかなか給料が増えない時代だけど、暮らしにお金はかかります。この先、家計をどう守っていけばいいのか、経済ジャーナリストの荻原博子さんと「レタスクラブ」でおなじみの激★やす子さん、お金の専門家2人に聞いてみました。

【写真を見る】「間違った貯め方や節約をしている人は多い」と激★やす子さん



【東京五輪後に大不況? 正しく家計防衛を!】

消費税アップは早々に延期され、世界経済の影響で円高が進むなど、日本全体の景気は思わしくない様子。政府は大型の経済対策を打ってきていますが、正直、私たちの給料が上がる気配はさっぱり。さらに荻原博子さんはもっと怖い予言を。「2020年以降がすごく怖いですよ。東京五輪終了、アベノミクス終了、日銀の金融緩和政策終了のトリプルパンチが日本を襲うんじゃないかと。ものすごい不況になると私は予測しています」。そのためにも、貯蓄をしっかりするほかない!というのが2人の共通の考え。「ただ、間違った貯め方や節約をしている人は多いと思うんです」と激★やす子さん。自分の常識が間違っていないか、チェックしてみてください。



4年後に襲ってくるかもしれない大不況の前に、今から家計を見直して、正しい防衛を!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/28(金) 9:31

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。