ここから本文です

こってり味への逆襲か! 札幌に台頭してきた新しいラーメンとは?

東京ウォーカー 10/20(木) 6:00配信

札幌といえば、やはり味噌ラーメン。野菜を炒め、そこに豚骨ベースのスープと味噌を溶き入れさらに火を入れるというのが、伝統的な手法。味はコクがあり、寒い季節には本当に体の芯から温まる。北海道の風土にぴったりだなあと、思うわけである。

昭和軒の正油ラーメン(700円)。麺はスープに合わせた特注品で、繊細な味わいのスープと実によく合う

しかし、最近、札幌のラーメンは少し違うのである。今までと真逆を行くかのような、あっさりすっきりの“淡麗系”が来ているのである。味はといえば、鶏をベースにしたスープが多く、透き通っている「清湯(チンタン)スープ」が特徴で、味は塩か醤油というのが定番(※昔ながらの札幌味噌ラーメンは豚の清湯スープ)。

淡麗系のラーメンは14年、関東圏で爆発的に増え、一大ムーブメントを起こしている。その流れは15年、札幌にも上陸。淡麗系&中華そばを打ち出す店が急激に増えてきたのだ。

今回は、その“淡麗系”から定評のある新店3店を紹介する。

■ すすり

道産素材にこだわった無化調のラーメンが味わえる。麺は道産小麦使用の自家製麺。スープのもととなる鶏やタマネギなども道産で、自然の恵みを余すことなく使っているのが特徴だ。淡麗中華そば(680円)は、時間をかけて抽出した清湯スープのクリアで奥深い風味が際立つ一杯。

■住所:札幌市中央区南8西3-7-40■時間:11:30~22:30■休み:月

■ 昭和軒

40年営業していた中華そば店のファンだった店主が、惜しまれつつ閉店したその店の味を再現、さらに進化させた独自のラーメンが味わえる。正油ラーメン(700円)は淡麗そのものでありながら、しっかり食べ応えのある看板メニュー。

■住所:札幌市北区北34西4-2-13 αK' s 1■時間:11:00~15:00、17:00~22:00(各LO)■休み:金

■ 香蘭

店舗入口に「550円ラーメン香蘭」と大きく書いてあるとおり、リーズナブルな価格設定で多彩なラーメンが味わえる。支那そば(550円)は淡麗系の代表ともいえるクリアスープのメニューだが、見た目のパンチ力はかなりのもの。

■住所:札幌市北区北39西5-2-16■時間:11:00~15:00、17:30~21:00(各LO)■休み:不定

こってり系のラーメンが多い北海道なのに、なぜ、あっさり淡麗系スープを打ち出す店が増えているのだろうか。これまでの反動?ヘルシー志向?新しい味を求める客がいるから?どれも理由として当てはまるのだろう。しかし、新しいもの、イイものを取り入れ、アレンジする…淡麗ブームは、札幌のラーメン職人たちの創造性の豊かさの証明なのかもしれない。

【北海道ウォーカー編集部】

最終更新:10/20(木) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。