ここから本文です

ケーブルなしでもOK!都内の無料充電スポットをリサーチ

R25 10/20(木) 7:03配信

電話やメールだけでなくゲームやルート案内など、さまざまな用途で使用するスマホ。機能が多いのは便利だけど、スマホに頼りすぎるがゆえに、充電が切れると、かなり不安に感じてしまう。自由に電源を使うことができる飲食店も一部あるものの、充電器を持っていないと意味はない。では、充電器なしでも可能な充電可能なスポットはないものか? 都内に限定して調べてみた。

■実は充電できないことも…?「キャリアのショップ」

充電可能なイメージのある各キャリアのショップ。しかし、筆者は以前訪れた際に断られたことが…。実際のところどうなのだろう?

まず、NTTドコモに問い合わせてみると「各ショップで充電可能です」との回答。しかし、ショップは代理店が運営しており、“例外が存在しない”とは言い切れないそう。auも同様で、「基本的には全国約2500店舗のショップで、無料で充電可能です。しかし、代理店によるショップは店舗ごとに判断を任せているため、一部店舗ではできない場合があります」。つまり、筆者が当たったのは、数少ない充電NGの店舗だったようだ。

なお、auは「直営店なら確実に充電できます」とのこと。ただし、全国に6店舗しかなく、都内は新宿東口にある「auSHINJUKU」のみ。また、各キャリアのショップで充電できるのは同じキャリアのスマホや携帯なので、別キャリアのショップへ行かないように注意しよう(追い出されはしないだろうが、丁重にお断りされそう…)。さらに、機種が古い場合などは充電器が対応していない場合もあるので、こちらも気をつけよう。ちなみにSoftBankからは回答を得られなかったが、ウェブページで確認した限り、一部の製品を除いて無料充電は可能なようだ。

■電池補給の穴場スポット!?「家電量販店」

続いて、スマホ本体やアクセサリを販売している家電量販店ではどうだろうか。

まずは、新宿の西口と東口それぞれに店舗があり、利用する人も多いであろう、ヨドバシカメラ。回答は「全店舗、都内では計8店すべてで、30分100円の有料充電ができます」とのこと。駅近の店舗が多いので押さえておきたい。また、郊外にも店舗を構えるノジマはというと「無料のモバイル会員登録で、無料充電がしていただけます」。全店舗で実施しているそうで、都内は計36店ある。また、PCパーツショップのドスパラでも充電可能。「都内では5店舗あり、すべてでスマホの無料充電ができます。また、モバイルバッテリーも有料ですが充電できます」と教えてくれた。

この他にも充電スポットは意外にあり、漫画喫茶やカラオケボックス、パチンコ店などは無料でケーブルを貸し出してくれて、充電できる店舗も多い。

ちなみに、充電専用の機器を設置している店舗も存在する。店舗設置型セルフ式携帯電話充電器「街角充電屋さん」を製造、販売する株式会社データサポートに問い合わせたところ、「代理店が設置しているものもあるので概算になりますが、都内だけでも1500~2000台ほど設置されています」とのこと。ほかにも同様の機器はあるため、“専用機”が設置されている充電スポットだけでも1500~2000カ所以上はあるということだ。なお、街角充電屋さんの場合、アプリ「まち充ナビ」からどこに設置されているかチェックが可能。

長時間地図アプリを使ったり、つい充電し忘れてしまったりして、電池残量がピンチ!ということは誰にでもあること。バッテリーが切れてからでは遅いので、事前によく利用するエリアの充電スポットを把握してみては?

(河島マリオ)

【関連リンク】

スマートフォンユーザーの電池の持ち・充電に関する意識・実態調査

http://www.softbankselection.jp/hs_batt_enquete/


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:11/15(火) 21:13

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。