ここから本文です

阪神、2016年ドラ1は即戦力? 00年代、大学・社会人経由の自由枠・希望枠・ドラフト1位投手は厳しい結果

ベースボールチャンネル 10/20(木) 7:20配信

00年以降、上位には大学・社会人の投手が

 今季リーグ4位に終わった金本阪神。「超変革」のもとで若手を積極起用したが、4年ぶりにクライマックスシリーズに進出することができなかった。

 昨年のドラフト会議では高山俊(明治大)を抽選の末に獲得し、黄金ルーキーは1年目から結果を残した。坪井智哉が98年に達成した球団の新人最多記録135安打を抜く136安打を放ち、来季は中軸としての期待もかかる。

 だが近年、投手に限って言えば、即戦力として阪神タイガースが00年以降、自由枠や希望枠で獲得、もしくはドラフト1位で指名を受けて入団した選手は、1年目から思うような結果を残せていないのが現状だ。

 12年の藤浪晋太郎(大阪桐蔭高)が、ルーキーイヤーから3年連続で2ケタ勝利を挙げている程度だ。

 2000年以降の阪神が自由枠・希望枠・ドラフト1位で獲得並びに指名した選手は、下記の通り、大学・社会人経由でかつ投手で固められているのがわかる。
(01~04年は自由獲得枠、05~06年は希望枠、07年は大学・社会人ドラフト1位)

00年藤田太陽(川崎製鉄千葉)
01年安藤優也(トヨタ自動車)
02年杉山直久(龍谷大)
02年江草仁貴(専修大)
03年筒井和也(愛知学院大)
04年能見篤史(大阪ガス)
05年岩田稔(関西大)
06年小嶋達也(大阪ガス)
07年白仁田寛和(福岡大)
08年蕭一傑(奈良産業大)
09年二神一人(法政大)
10年榎田大樹(東京ガス)
13年岩貞祐太(横浜商科大)
14年横山雄哉(新日鐵住金鹿島)

※1()内は社会人・大学
※2 02年は自由獲得枠で投手2人

 なお03年の自由枠のもう1人は鳥谷敬(早稲田大)、11年のドラフト1位は伊藤隼太(慶応大)と大学生の野手だった。12年ドラフト1位は高校生の藤浪晋太郎(大阪桐蔭高)だ。

10年ドラフト1位・榎田が1年目に33ホールドを挙げて活躍

 自由枠・希望枠で入団した03年の筒井和也、06年の小嶋達也と、09年ドラフト1位の二神一人が、さらに14年オフにオリックスへトレードで移籍した07年のドラフト1位・白仁田寛和も先日、来季契約を結ばないことが発表されている。

 ちなみに、08年ドラフト1位の簫一傑は4年目の12年に同じ通知を受けた(その後、ソフトバンクで1年育成契約)。

 現在1軍を主戦場としている投手は、13年の岩貞祐太、04年の能見篤史、01年の安藤優也の3人。ただ、彼らも1年目から活躍できたわけではない。岩貞は3年目の今季、ブレイクを果たした。2ケタの10勝(9敗)を挙げ、防御率もリーグ5位の2.90とキャリアハイの成績を挙げた。

 ベテラン左腕の能見も、5年目の09年に初めて規定投球回に到達。13勝(9敗)を挙げると、それ以降は長く先発投手陣の柱として投げ続けている。安藤は2年目の03年に中継ぎで51試合に登板してチームの18年ぶりの優勝に貢献。プロ15年目の今季は、4年連続で50試合登板を達成した。

 阪神で大学・社会人出身の投手が1年目から活躍した例は、10年ドラフト会議で指名された榎田大樹までさかのぼる。榎田は1年目から左の中継ぎとして62試合に登板し、33ホールドを記録。2年目も48試合に登板して21ホールドを挙げ、セットアッパーの地位を確立した。

 しかし、3年目の13年以降は思うような成績が残せていない。
 14年シーズンは先発と中継ぎの両方を経験し、起用法も安定しなかった。今季は3月27日の中日ドラゴンズ戦(京セラ)に2番手で登板して2年ぶりの勝利を挙げているが、白星はこの1勝のみ。かつての輝きを取り戻すため、来季はプロ7年目のシーズンに挑む。

 20日にドラフト会議が行われる。今年は特に大学生の投手が大豊作だ。創価大の田中正義や桜美林大の佐々木千隼といった注目投手に対して競合指名が予想される。

 果たして、今年の阪神1位指名選手は誰になるか。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:10/20(木) 7:20

ベースボールチャンネル