ここから本文です

二足歩行で愛されたクマ、ハンターに殺される

ナショナル ジオグラフィック日本版 10/20(木) 7:20配信

米国で保護活動が進んでいたクマがハンターに殺された

 人のように二足歩行する人気もののクマ、ペダルズがハンターに弓矢で殺されていたことがわかった。事件は10月中旬、米国ニュージャージー州で弓矢を使ったクマ猟が解禁された1週間の間に起きた。

 ペダルズを禁猟区に移そうという署名運動を展開していた地元の活動家リサ・ローズ=ルブラック氏がCNNに話したところによると、ハンターが運んできた死体がペダルズであることを州当局が確認した。だたし、州の報道担当者は、生物学者の話として、首輪やDNAの記録がないため厳密に特定することはできないとしている。

 ローズ=ルブラック氏によれば、ハンターはこれまでもこの有名なクマを狙っており、ペダルズを仕留めたことを自慢していたという。

 ペダルズはここ数年、頻繁に目撃されたり写真に撮影されたりしており、地元やネットで熱烈なファンを集めていた。オスのアメリカクロクマであるペダルズは、けがのため4本の足で歩くことができなかった。野生動物保護団体もペダルズを監視しており、今年夏の時点では元気に暮らしていたことが報告されている。

 けがや遺伝の異常を克服して野生で生きるクマは少なくない。クマの生態に詳しい生物学者によると、ペダルズの歩き方は珍しく、クマが柔軟で臨機応変な動物であることを示す一例だと言う。

 ペダルズの死はファンのコミュニティに大きな打撃を与えた。ペダルズのフェイスブック・グループ(現在は参照できなくなっている)には、クマを撃つことを認めている州当局は「血も涙もなく」、グループは「悲しみに打ちひしがれている」と書かれていた。

 ツイッターでも、匿名のハンターに対する怒りが寄せられている。

 ペダルズを禁猟区に移すための活動には、30万人の署名が集まっており、クラウドファンディングのゴー・ファンド・ミーでは2万2000ドルの寄付が集まっていた。一方で、地元の住民や科学界からは、自力で問題なく暮らしているクマに干渉するべきではないという声も上がっていた。

 ニュージャージー州のクマ猟は数年前に解禁されたばかりだ。今年は弓矢による狩猟も許可されたが、これは1960年代以来のことだった。ここ数世紀、ニュージャージー州のクマはほぼ絶滅に近い状態だったが、狩猟禁止と森の再生のおかげで、生息数は回復傾向にある。ニュージャージー州にある21の郡すべてで、クマの生息が報告されている。

 通常、アメリカクロクマは攻撃的ではなく、人を恐れると考えられている。しかし驚いたときや子グマに危険が及びそうなときは、人を襲うこともある。ニュージャージー州では、2014年に初めてアメリカクロクマによる死者が出た。クマと戦おうとしたハイカーが殺されたという事件だった。

 今年、米国では、グランド・ティートン国立公園で有名なクマがひき逃げにあったり、シンシナティ動物園で囲いに落ちた子供をつかんだゴリラ、ハランベが射殺されたりという事件も起こっている。

文=Brian Clark Howard/訳=鈴木和博

最終更新:10/20(木) 7:20

ナショナル ジオグラフィック日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)