ここから本文です

ドラフトの超目玉、創価大・田中正義のボールを受けてみてわかったこと

webスポルティーバ 10/20(木) 7:10配信

 とんでもなく速いボールだった。というより、とんでもなく”強い”ボールだった。右打者の外角低めのボール球。投手にしてみれば、ちょっと引っ掛けた感じの球だ。いつもなら140キロ後半の球でもミットを内に戻せたのに、それがまったくできない。速くて、強く、そして重い。公認球より重いボールを使っているんじゃないか。そう感じさせるぐらい、とんでもないボールだった。

【写真】50歳まで現役生活を続けたレジェンド・山本昌氏が注目する上位候補たち。

 このとんでもないボールを投げていたのは、創価大のエース・田中正義だ。リーグ戦の優勝をかけた流通経済大戦を数日後に控えたブルペンで、今年のドラフト最大の目玉である田中の球を受けた。

 今年春の右肩痛がなかったら、12球団すべてが1位で指名してもおかしくない大器だ。しかし、故障した箇所が”肩”ということが、プロ側の懸念を深刻なものにした。

 そして、この秋。全球団が注目していた田中のピッチングは、リーグ戦で投げるたびに快方に向かっていることを証明し、ドラフトを目前に控え、プロ側の評価も再び急上昇してきた。

 田中の球を受けた日、彼の表情は明るかった。リーグ戦の真っ只中、しかも数日後には大一番を控えている。それでもこの取材を受けてくれたこと自体、体調がよく、調子も上向いているなによりの証拠だろう。

 独特の豪快なテイクバック。両腕が描く”M字”のヒジの位置が素晴らしく、そこから強烈な腕の振りでボールを投げ込んでくる。構えたミットを早めに引いて、遅れないようにタイミングをとっても、やはり遅れてしまう。

 とにかくタイミングが取りづらい。田中を正面から見ている捕手がこれだけ遅れるのだから、1キロ近いバットを持っている打者が間に合うわけがない。

「今日はまあまあですけど、でもね、全然こんなもんじゃないですよ」

 右肩を痛めてほとんどピッチングができないまま創価高から創価大に進んだ田中を、4年間手塩にかけて育ててきた佐藤康弘コーチが言う。

「2年生の6月の大学選手権のとき、それと昨年の冬のボールもすごかったですよ。キャッチャーのうしろからネット越しに見ていても『うわっ!』と顔を背けるようなものすごいストレートでしたから」

 佐藤コーチは、社会人野球のプリンスホテルでエースとして投げ、1992年のバルセロナ五輪にも日本代表として戦った経歴を持つ。これまで八木智哉(中日)や小川泰弘(ヤクルト)をはじめ、何人もの投手を育ててきた。

「たしかに、今の(田中)正義もすごいですよ。肩がどうこう言っても、今まで見たことないようなすごいピッチャーです。でも、私が感じている正義の本当のすごさというのは、3年後、5年後のすごさ。”近未来の正義のすごさ”が想像できないという、そういうすごさなんですよ」

1/2ページ

最終更新:10/20(木) 7:10

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。