ここから本文です

【J1】ラスト3節の対戦相手も丸分かり。“残留争い”の見どころは?

SOCCER DIGEST Web 10/20(木) 6:00配信

湘南は残り3節を全勝しても、勝点30がマックス。

 非常に厳しい状況に置かれているのが湘南だ。
 
 残り3試合を全勝しても、勝点30にしか到達できない。次節の大宮戦で引き分けか負けると、ライバルの結果に関係なく降格が決定する。たとえ勝ったとしても、新潟、名古屋、甲府のうち2チームが勝点31に達した時点で、ジ・エンドとなる。

【ルヴァン杯決勝 PHOTO】G大阪 1(4PK5)1 浦和|激闘の末浦和が13年ぶり2度目のリーグカップ制覇!


 
 過去5年の残留ラインを見ても、 勝点30でJ1に残れたチームは皆無である。文字通り崖っぷちに立たされているが、“奇跡”が起こらないとも限らない。湘南は甲府と名古屋との直接対決を残しており、とにかくまずは大宮に勝つことができれば、光が見えてくるはずだ。
 
 追い込まれた湘南を除けば、13位から16位までが勝点4差に4チームがひしめく団子状態となっている。
 
 第2ステージ以降の流れを振り返ると、大きく調子を崩しているのが磐田だ。一時は年間10位と安全圏にいたが、坂道を転げ落ちるかのようにペースダウン。第2ステージでの白星は10節・福岡戦のみだ。
 
 天皇杯3回戦で大宮に0-5と大敗するなど、負のスパイラルに陥った。直近2試合は湘南と引き分け、新潟に敗れて勝点差を広げられず、残留争いに完全に引きずり込まれた。
 
 新潟戦後、名波浩監督のコメントも湿りがちだった。「このゲームに対する思いが相当強 かった。(勝点)1も取れなかったショックは非常に大きい」。
 
 下降線を辿っているとはいえ、それでも磐田はまだ13位と優位な立場にいるのも事実。その磐田と同様、 後半戦で一度も降格圏に落ちていないのが新潟だ。
 
 14位と15位を行き来しているが、先述したとおり、前節は終了間際の山崎亮平のゴールで2-1と磐田を退けて、14位に浮上してみせる。小林裕紀は古巣相手に価値ある勝点3を奪い取り、「最低限のノルマを達成できてホッとしている」と胸を撫でおろした。
 
 ただ、ここまでは水際で持ち堪えている新潟も、残り3節は浦和、G大阪、広島とJ1優勝経験のあるクラブと対戦が控えている。厳しい戦いが予想されるが、持ち前の粘り強さで勝点を積み上げられるか。
 

1/2ページ

最終更新:10/20(木) 6:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。