ここから本文です

山縣亮太、岩手国体100メートル準決勝を棄権したウラ事情

デイリー新潮 10/20(木) 5:54配信

 問題。10月7日の銀座パレードに姿を見せなかったリオ五輪メダリストは誰でしょうか? 

 答えは8人もいる。

 海外で試合中の卓球選手(水谷隼・伊藤美誠)や水泳選手(金藤理絵・瀬戸大也・江原騎士)に、楽天ジャパンオープンを戦っていた錦織圭。そして、陸上400メートルリレー銀メダルメンバーも、実は4人のうち2人が欠席していた。

 山縣亮太(24)とケンブリッジ飛鳥(23)である。

 むろん遊んでいたわけではない。共に、8日に予選がある岩手国体の100メートルにエントリーしていたのだ。

「事実上の今季ラストレース。もちろん狙うは“日本人初の9秒台”でした」

 とは大手紙陸上担当記者。

「桐生祥秀(20)を含めた有力3選手中、“初9秒台”への意気込みが一番強いのは山縣。半月前の大会で10秒03と絶好調で、やる気満々でした。ケンブリッジはパレードに出たくて、かなり悩んでいましたが、“山縣に先を越されたくない”という思いが勝った。彼の場合、所属会社の会長に“初9秒達成なら1億円ボーナス”というニンジンをぶら下げられてますしね」

 だが、パレードを蹴ってまでエントリーしていたレースを彼らは棄権した。理由は共に“体調不良”。

「ケンブリッジは前日から腹痛を訴えていて、まあ嘘じゃないでしょう。でも、予選を走ったのに準決勝を棄権した山縣はマユツバ。実は、当日の天候はすごく寒くて、水溜りができるほど雨が降っていた。つまり9秒台は不可能な環境でした。表向きは“太腿に張り”ですが、さすがに国体で“雨だから走りません”とは言えませんからね」

 9秒台――出そうで出ない“出る出る詐欺”。こんな調子で来年もまた……。

「週刊新潮」2016年10月20日号 掲載

新潮社

最終更新:10/20(木) 5:54

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。