ここから本文です

“ながらポケモンGO”で死亡事故、9歳息子を失った父親の慟哭「世が世なら、仇を……」

週刊女性PRIME 2016/12/23(金) 17:00配信

 スマートフォン用ゲームアプリ『ポケモンGO』が配信スタートした今年の夏以降、運転中の“ながらポケモンGO”による交通事故が、全国で相次いだ。

 徳島市では8月、歩行者の女性2人がはねられ1人が死亡、愛知県でも8月に歩行者の女性がはねられ死亡、京都府では9月、原付きバイクを運転していた女性が大型クレーン車にはねられ死亡、福島県では11月、車の荷卸しをしていた男性がひき逃げされ死亡した……。

 愛知県一宮市で集団下校時の児童に会社員・川合信右被告(36)が運転するトラックが突っ込み、6人の先頭を歩いていた小学4年生、則竹敬太くん(当時9)の命を奪う痛ましい事故が起きたのは10月26日のことだった。

 自宅からわずか250メートルの横断歩道。6人の中には敬太くんの兄もいて、事故現場で「敬太、死ぬなよー」と、涙ながらに叫んでいたという。

 四十九日の法要を終えた父親の則竹崇智さんに話を聞いた。敬太くんの仏壇には、彼が好きだったたくさんのお菓子が供えられていた。

「うちの子がなぜ、ゲームの犠牲にならなきゃいけないのか。ルールを守り横断歩道を渡っていたのに。被告は子どもに駆け寄って救命することもなく、ただ突っ立っていただけ。明らかに殺人です」

 と静かな口調で怒りを表す。

 事故当日の朝、仕事に出る際に、2階から兄弟2人が「いってらっしゃい」と声をかけてくれたのが、敬太くんとの最後の会話だったという。

「兄と一緒に空手を習い、週に1回は近所のプールに通っていました。最近は兄の影響で、天体にも興味を持ち始めていました。とても明るくてユーモアもあって、家族の中心でした。敬太が何かをやると、笑いが起こりました。敬太がいない今は、ポカンと穴があいたような感じですね」

 あの日以来、毎日欠かさず事故現場へ足を運んで涙ながらに語りかけるたびに感じるのは、敬太くんの無念……。

「親としては、被告を同じ目にあわせてやりたいですよ。世が世なら、仇をとりたい……。親より先になぜ子どもが逝かなきゃいけないのか」

 と悔しい思いをにじませる。

「声を上げて世論を変えていくことが大事だと思います」という崇智さんは今月2日、大村秀章愛知県知事、中野正康一宮市長とともに松本純国家公安委員長に面会し、“ながらスマホの厳罰化”を要請。

「ぺちゃんこにつぶれた水筒をお見せし、これだけの過ちを犯している人間が『過失運転致死傷罪』でしか立件できないおかしさ、モラルとマナーだけでは命が守れないので、厳罰化しないと事故はなくならないとお伝えしました」

 『ポケモンGO』を開発運営するナイアンティック社の広報を担当するホフマンジャパンは、

「11月の仕様変更で一定速度以上の移動中では、アイテムを取得する“ポケストップ”は機能しなくなりました。それ以前から一定速度以上では、モンスターも出現しないようになっています」  

 同じ過ちを繰り返さないように対策することが、社会全体の償いになる。はたして、これが十分な対策といえるのか。敬太くんの事故をめぐる初公判は、'17年1月19日、名古屋地裁一宮支部で開かれる。

最終更新:2016/12/23(金) 17:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」3月7日号 /
毎週火曜日発売

定価390円(税込)