ここから本文です

酉年に飛翔する“イタリアの雄鶏”。国民的支持を受けるFWベロッティ。

Number Web 1/11(水) 11:01配信

 雄鶏の鶏冠(とさか)ポーズが、ゴールの証だ。

 イタリアに十二支の縁起を担ぐ習慣はないが、酉年にあたる2017年に注目すべき選手といえば、“ガッロ(雄鶏)”の異名を持つトリノのFWベロッティを推さないわけにはいかない。

 セリエAでもイタリア代表でも、右手を額に掲げる彼の風変わりなパフォーマンスは、相手ゴールを攻め落としたことを意味する。

 ゴールへ向かうステップ毎に、足元の芝を根こそぎ抉り取っていくような力強い突破力。

 ピンポイントのクロスへ正確に合わせるテクニック。

 今年24歳になる年男FWベロッティこそ、伝統国イタリアが待ち望んでいた正統派ストライカーなのだ。

辛口の監督が「あいつは一人で何役やるんだ?」。

 昨年12月、イタリアでは改憲を争点とした「YES/NO」形式の国民投票が行われ、現地スポーツ紙上でもこれに乗じた投票企画が流行した。

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が“現在のイタリア人最強FWはベロッティ? と提起したところ、「YES」の回答率は83%にも上った。

 うるさ型の多いカルチョの国で、国民的な支持を得るのにはもちろん理由がある。

 昨季後半戦だけで11得点とブレイクの兆しを見せていたFWベロッティは、トリノ入団2シーズン目の今季開幕から好調を維持。2節目のボローニャ戦でハットトリックを達成すると、その後もコンスタントに得点を量産している。

 3-1で完勝した6節ローマ戦は、まさにベロッティの一人舞台だった。

 先制弾にPK獲得、アシストまで決め、強豪ローマを完全粉砕。身内にも辛口で知られる猛将ミハイロビッチですら「あいつは一人で何役やるんだ? イタリア最高のFWになる日も近いぞ」と手放しの称賛ぶりだった。

セリエ得点王を争い、代表FWにも定着。

 惜敗した16節のトリノ・ダービーでも、王者ユベントス相手に先制点を奪う勝負強さを発揮。18節終了時点で13得点を上げ、得点ランク首位のFWイカルディ(インテル)を1ゴール差で追う。

 昨年夏から新体制が発足したイタリア代表では、9月の初戦フランス戦でデビューを果たすと、初先発したロシアW杯予選マケドニア戦で初ゴールを挙げた。

 以降、W杯予選デビューから出場3試合で3得点を上げるアズーリ史上初の偉業を達成しながら、ベロッティは闘鶏のような勢いで瞬く間に代表チームの主力へのし上がった。

 昨季までトリノを率いていたベントゥーラが就任した時点で、新体制のアズーリにFWインモービレ(現ラツィオ)らトリノ時代の教え子たちが重用されるであろうことや、ある程度の世代交代は予見されていたが、新戦力ベロッティの成長ぶりは大方の予想をはるかに超えていた。

1/3ページ

最終更新:1/11(水) 11:01

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

919号
1月12日発売

定価590円(税込)

Go for the Top ~2017テニス開幕特集~

錦織圭「王者の心を手にするために」
【割拠する強敵たち】マリー/ジョコビッチ ラオニッチ/フェデラー