ここから本文です

“二冠王者”鹿島は大型補強のFC東京と、浦和は横浜FMと激突! 2月25・26日のJ1開幕カードが決定

Football ZONE web 1/12(木) 17:00配信

開幕戦の対戦カードと各クラブのホーム開幕戦を発表

 Jリーグは12日、2017シーズンのJ1リーグ開幕戦のカードを発表し、連覇を狙う鹿島アントラーズはホームにFC東京を迎え、昨季2位の浦和レッズは敵地に乗り込み主力流出に揺れる横浜F・マリノスと激突することが決まった。

J1・J2リーグ「退団・戦力外選手&新加入選手」

 3年ぶりに1シーズン制に戻る今季のJ1は、例年よりも早い2月25・26日に第1節を迎え、12月2日の最終節まで全34試合で争われる。

 昨季年間勝ち点3位ながら、Jリーグチャンピオンシップ(CS)で見事な下剋上を果たし、通算8度目のリーグ優勝を果たした鹿島は、FC東京と開幕戦で顔を合わせる。FIFAクラブワールドカップでレアル・マドリードと激闘を演じて準優勝、さらに元日の天皇杯決勝で川崎フロンターレを破って二冠達成と、まさに充実の時を迎えている“常勝軍団”は、今オフもMFレオ・シルバ(←新潟)やFWペドロ・ジュニオール(←神戸)を補強しており、連覇に向けて死角はない。

 一方のFC東京も、FW大久保嘉人(←川崎)、FW永井謙佑(←名古屋)、DF太田宏介(←フィテッセ)、GK林彰洋(←鳥栖)と日本代表経験のある実力者を多く獲得し戦力アップに成功。開幕戦最大の注目カードになることは間違いないだろう。

 昨季ルヴァン杯でタイトルを獲得しながら、CS決勝で涙を呑んだ浦和は、2006年以来の覇権奪還に向けて新潟からFWラファエル・シルバを補強。攻撃陣を充実させて、敵地日産スタジアムに乗り込みミハイロ・ペトロヴィッチ体制6年目の開幕戦に挑む。迎え撃つホームの横浜FMは今オフ、中村俊輔(→磐田)、兵藤慎剛(→札幌)、小林祐三(→鳥栖)ら主力が大量流出。激震が続くチームにとって、今季を占う重要な一戦になりそうだ。

川崎移籍の家長はいきなりの古巣対決に

 悲願のタイトル獲得を目指す川崎は、敵地で大宮アルディージャと対戦。大宮から川崎に移籍したMF家長昭博にとっては、いきなりの古巣対決となる。

 また昇格組は、5年ぶりにJ1復帰のコンサドーレ札幌が敵地でベガルタ仙台と激突。1年で舞い戻った清水エスパルスはホームでヴィッセル神戸と、3年ぶりにJ1復帰のセレッソ大阪はホームに中村俊が加入したジュビロ磐田を迎える。

 J1開幕戦の全カードと、各クラブのホーム開幕戦は以下のとおり。

■2017年J1開幕カード(左がホーム)
▼2月25日(土)
仙台×札幌(ユアスタ)
鹿島×FC東京(カシマ)
大宮×川崎(NACK)
横浜FM×浦和(日産ス)
清水×神戸(アイスタ)
C大阪×磐田(ヤンマー)
広島×新潟(Eスタ)
鳥栖×柏(ベアスタ)
▼2月26日(日)
G大阪×甲府(吹田S)

■第2節カード
▼3月4日(土)
浦和×C大阪(埼玉)
FC東京×大宮(味スタ)
甲府×鹿島(中銀スタ)
磐田×仙台( ヤマハ)
神戸×新潟(ノエスタ)
▼3月5日(日)
柏×G大阪(柏)
川崎×鳥栖(等々力)

■第3節カード
▼3月11日(土)
札幌×C大阪(札幌ド)
新潟×清水(デンカS)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:1/18(水) 0:29

Football ZONE web