ここから本文です

福井、辻野、修造、そして本人!みんなで語る4大大会、錦織圭の勝算。

Number Web 1/12(木) 15:21配信

 「錦織くん、なかなかグランドスラム勝てないね」

 世界ランク5位で2016年を終え、グランドスラムで4強、決勝も経験している錦織圭選手について、素朴にそう思っているファンの方は多いだろう。

 だが、そんな言葉を聞くたびに、1990年に今はなきセイコー・スーパーテニスでボリス・ベッカーと辻野隆三の名勝負を目撃したのが自慢の中年テニスファン、デスクNは歯がみしていた。

 「そんなに簡単じゃないんだよ!」

 ならば全豪オープン前週という絶好のタイミングで発売になるNumber919号「2017テニス開幕特集」で、錦織選手がグランドスラムに勝つためにどうしたらいいか、徹底的に考えてみようじゃないか。

 というわけで、各方面への取材がはじまった。

 「そんな簡単なもんじゃないですよね」

 今はなきセイコー・スーパーテニスで、ウッドラケット時代のジョン・マッケンローを目撃した筋金入りのテニスファン、俳優の石黒賢さんはどこまでも爽やかに憂えた。

 「ここから先は簡単ではないです」

 マッケンロー、ビヨン・ボルグ、イワン・レンドルなど6人もの世界No.1と戦ったことのある伝説の男、福井烈さんがうなずく。うぅ、やっぱりそうですよね。じゃあ、どうしたら……? 

クレーの常識を変えつつある錦織のテニス。

 歴代世界1位を総覧して、グランドスラム優勝、そして世界1位への道を学ぼうという石黒×福井対談。世界を知るふたりは、興味深い指摘をしてくれた。

 「錦織選手はフィジカル的には強くなってはいます。しかし、5セットマッチの連続で強豪と対戦するグランドスラムでは、疲れがくるときが必ずあります。そこをどううまく乗り切るか……」(福井)

 「錦織選手は、長いストローク戦が基本だったクレーコートで、ドロップショットを織り交ぜたりして、クレーの名選手たちがつくってきた常識を変えつつあると思います。クレーに目があるんじゃないかと」(石黒)

 長丁場対策、クレー。なるほど。

1/3ページ

最終更新:1/12(木) 15:26

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

919号
1月12日発売

定価590円(税込)

Go for the Top ~2017テニス開幕特集~

錦織圭「王者の心を手にするために」
【割拠する強敵たち】マリー/ジョコビッチ ラオニッチ/フェデラー

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!