ここから本文です

中国にも苦戦 侍J、WBC予選敗退悪夢シナリオの現実味

NEWS ポストセブン 2/15(水) 16:00配信

 野球の日本代表・侍ジャパンはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)でベスト4を下回る成績に終わったことはない。ところが、3月に開幕を控えている今回、投打の軸と期待された大谷翔平(22)の欠場など、小久保裕紀監督(45)率いる侍ジャパンの行く末が危ぶまれている。本来なら、北中米の強豪とぶつかる米国・ロサンゼルスでの準決勝以上(3月20~22日)が一番の勝負どころとなるはずだ。

 しかし、大谷翔平(22、日本ハム)のいない侍ジャパンでは、“予選”ともいえる、東京での1次ラウンド(3月7~11日)、2次ラウンド(3月12~16日)での敗退もあるとみる専門家も少なくない。

 プロ野球データに詳しいジャーナリスト・広尾晃氏の指摘は手厳しい。

「1次ラウンドでぶつかるキューバの野球シーズンは秋から春まで。今回はWBCのため国内のシーズンを中断して来日してきます。バットは振れるし、肩は出来上がっている。開幕前の日本選手と違ってキューバの戦力はピークにある。また、キューバの翌日に当たるオーストラリアも侮れません。南半球の国ですからシーズン真っ只中で、調整遅れの心配はない」

“アマチュア最強軍団”キューバはこれまでも強敵ではあったが、さらに今回の侍ジャパンは、“野球後進国”と思われてきた中国にも苦戦する可能性があるという。

「同じ1次ラウンドのプールBに入った中国は、今回MLBマリナーズを率いてきたマクラーレン監督が代表監督に就任。MLB通算82勝左腕のブルース・チェン(元ロイヤルズ)と、カージナルスの正捕手を務めるコルテン・ウォン、他にも現役メジャーリーガーが名を連ねる“史上最強”のメンバーです」(同前)

 そうした1次ラウンドの相手を破ったとしても、2次ラウンドでは、一昨年のプレミア12で優勝した宿敵・韓国が待ち受ける。MLBでプレーしているメンバーはストッパーの呉昇桓(オスンファン、カージナルス、元阪神)だけとはいえ、日本が相手となると実力以上の力を発揮するのは誰もが知るところだ。

1/2ページ

最終更新:2/15(水) 16:00

NEWS ポストセブン