ここから本文です

ショック!顔のシミできてしまったら即するべき3か条 [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 2/15(水) 19:30配信

今回のゲストは、コスメブランド「HANAオーガニック」創設者の林田七恵さん。1児のママとは思えないほどツルツル美肌の林田さんですが、かつてはニキビ跡やシミでお肌がボロボロだったそう。そんな林田さんが10年悩んだシミをきれいにした美容法をご紹介します。

シミもニキビも原因は一緒?

アリス「シミってそもそもどうして出来るんですか?」

林田さん「ほとんどの肌トラブルの原因は”炎症”です。強い紫外線を浴びたり、不規則な生活をすることでダメージを受けた肌が正常に機能しなくなり、炎症を起こします。肌の乾燥も炎症から引き起こされているんですよ」

アリス「でも見た感じは肌に赤みもなく、腫れもないのにシミができるんです」

林田さん「それは肌が慢性的な”微弱炎症”を起こしているから。少し寝不足だったり1日飲み過ぎただけですぐにニキビやシミができるのは、肌が常に小さな炎症を起こしているためです。この状態が続くと老化のスピードはどんどん加速。ひいては年齢以上のエイジングを招いてしまいます」

何事も基本が大切!

林田さん「”微弱炎症”の主な原因は、紫外線と自律神経の乱れです。まずは次の2つを心がけて、シミの根本原因を改善しましょう」

お風呂に入ってから寝る

林田さん「交感神経のONとOFFの切り替えは、自律神経バランスを整えるのに欠かせません。お風呂で温まった体の温度が少し下がりはじめたときがベストタイミング。このとき副交感神経が優位になり、一番深い眠りを導きます」

紫外線をきちんと防ぐ

林田さん「シミは弱っている細胞を守るための防衛反応です。細胞にダメージを与える紫外線は、日焼け止め等でしっかり防ぎましょう」

教えてくれたのは

林田七恵/「HANAオーガニック」創設者・日本ホリスティックビューティー協会認定校校長

12年にわたり無添加化粧品や健康食品の開発・事業責任者を務めたのち、独立し同ブランドを立ち上げる。2011年には長男を出産。現在はママ業をしながら、ホリスティック美容に関する執筆、セミナーも精力的に行う。


斉藤 アリス
イギリス生まれ、日本とオーストリアのハーフ。大学時代からモデルとして活躍すると同時に、農学部だったこともあり、オーガニックに詳しい。と、思われがちだが、その知識レベルは今のところ人並み。現在、美容マスターを目指して孤軍奮闘中。美容のモットーはよく食べよく寝ること。

最終更新:2/15(水) 19:30

講談社 JOSEISHI.NET