ここから本文です

成田空港のガチャガチャ、人気商品は日本国内と一緒「面白いものは万国共通」

週刊女性PRIME 2/17(金) 22:30配信

 成田空港内で外国人観光客が立ち寄る“新名所”を知っていますか? 

 空港第2ターミナル本館地下1階、京成線やJRの改札を出て、出発ゲートに向かうエレベーター脇のスペースに、数百円を入れてハンドルを回すと、オモチャ入りのカプセルが出てくる“ガチャガチャ”マシーンが、ズラリと並ぶ。その数ナント171台! 大型ショッピングセンターや家電量販店で、大規模に設置されている光景を見ることはあるが、なぜ空港に? 

【この記事のすべての写真を見る】

 企画したタカラトミーアーツによると、空港で利用客が楽しめて、エンターテイメント要素が高い空間作りをするため“ガチャガチャ”に白羽の矢が立ったという。

 訪日外国人観光客は年々、増加。2016年は過去最高の2000万人を突破した。そうした状況のなか、マシーンは同年7月29日に設置された。当初は9月下旬まで期間限定の予定だったが、人気ぶりに、継続展開することが決まり“常設”されている。

 “ガチャガチャ”と称されるカプセルトイだが、メーカーによって呼び方が違い、タカラトミーアーツでの名称は『ガチャ』。

 同社は、数年前から首都圏のJR各駅で、期間限定でガチャを設置するイベントをたびたびプロデュース。そのなかの秋葉原駅でのイベントのひとつに、10か国語で説明した売り場を設けたところ、訪れた多くの外国人観光客に好評だったことから、空港での展開にも結びついた。

 秋葉原での経験を生かして、売り場には“なぜか日本で売れてます。”のコピーを、英語、中国語、ロシア語、アラビア語など9か国の外国語で表示した。

 ただし、韓国語は、流行の言い回しで“疑惑の1勝”とハングルで表記したところ、韓国ではSNSなどで話題になったという。

 さらに、外国人に訴求したアイデアが、“あまった小銭をオモチャに!”というキャッチコピーだった。

「ガチャは、海外では子どもが遊ぶイメージがあり、大人の方や初めての方に、目にとまるような見せ方として、海外旅行で余った小銭の使い道をコピーにしました。“なぜか日本で売れています。”で、不思議感をあおり、興味をひいてもらえるようにしました」(タカラトミーアーツ・ガチャ・キャンディ事業部の森川修さん、以下同)

1/2ページ

最終更新:2/17(金) 22:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」3月7日号 /
毎週火曜日発売

定価390円(税込)