ここから本文です

「やっとこのときがきた!」劇場版 SAO公開直前!キリト役・松岡禎丞インタビュー

ダ・ヴィンチニュース 2/17(金) 22:20配信

 『ソードアート・オンライン』シリーズの完全新作となる『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が、2月18日(土)にいよいよ幕を開ける。2012年と2014年にテレビシリーズが放送され、2015年に映画化が発表されてから、まだかまだかと公開が待ち望まれていた。

 先日、1月下旬にはついに本予告が公開! LiSAが歌う主題歌「Catch the Moment」に乗せて、新キャラとなるエイジとキリトの疾走感あふれる戦闘シーン、新たに登場するARMMORPG《オーディナル・スケール》の壮大な世界、そしてアスナが、クラインが、シリカが……! と、期待を裏切らない感動と涙の展開があり、ファンからは「予告だけで泣きそう」「待ち遠しくて毎日観てる」「3期希望!」と歓喜の声が挙がっている。

 劇場版の舞台となるのは、AR (拡張現実)機能を搭載した《オーグマー》専用のARMMORPG《オーディナル・スケール》の世界。アスナたちもプレイするそのゲームに、キリトも参戦しようとするところから物語は始まる。今回は、公開を直前に控えたキリト役の松岡禎丞さんに話を聞くことができた。

――予告を観たファンから「公開を待ちきれない」という声が続々と挙がっています!

松岡:僕も、やっとこのときがきたか! と思っています。劇場で『ソードアート・オンライン(以下SAO)』を観るのは、僕の夢でもあったんですよね。テレビアニメの上映会で客席の後ろからこっそり上映を観ることもあったので、あの迫力で映画を観たらどうなるんだろうなと。

――しかも完全新作ですから、楽しみが倍増です。

松岡:物語の設定を聞いたときは、正直“嘘でしょ?”って思いましたね(笑)。どういう展開になったらそうなるんだろうと…。ストーリーを聞いてから、うまく話に盛り込まれたなって納得した感じです。

松岡:2016年の秋頃かな、アフレコが始まる1週間前くらいです。家で何回も何回もV(アフレコ用のビデオ)を観ましたね。線画の状態で。

1/5ページ

最終更新:2/17(金) 22:20

ダ・ヴィンチニュース